坊村から武奈ヶ岳へ

紅葉を期待して武奈ヶ岳に行ってきました。残念ながら既に紅葉は終わっていて、ブナの葉はすっかり落ちてしまっていました。でもブナの落ち葉を踏んでの山歩きは悪くなかったです。

武奈ヶ岳の麓は杉の植林帯ですが、上部の武奈ヶ岳から隣のコノヤマ岳の周辺にはブナの林が広がっています。そのため春の新緑と秋の紅葉のシーズンには毎年行きたい山の1つです。

この秋も街の桜がなんとなく色づいてきたので、ブナの紅葉を期待して武奈ヶ岳に行ってきました。しかし残念ながらブナの紅葉はすっかり終わっていました。

紅葉を見るには、確実に一週間か半月くらいは遅かったようです。北アルプスの涸沢や雷鳥沢の紅葉も今年は早かったようなので、こちらの紅葉も例年より早かったようです。涸沢や雷鳥沢の紅葉から半月後くらいが武奈ヶ岳の紅葉シーズンなのかな。

ブナの紅葉は終わっていたのは残念でしたが、その代わりコノヤマ岳への道をブナの落ち葉を踏みながらガサガサと歩けたのと、風がとても強くて遠くまで綺麗に見渡せたのはラッキーでした。

発見と発見

武奈ヶ岳の山頂付近はすっかり紅葉が終わっていました。葉も落ちて冬山一歩手前のモヘア山になっていました。

武奈ヶ岳。紅葉はすっかり終わりモヘア山になっていました。手前には、ドウダンツツジの群落が少し見えます。
武奈ヶ岳。紅葉はすっかり終わりモヘア山になっていました。手前には、赤く色づいたドウダンツツジの群落が少し見えます。
蓬莱山を望む御殿山へ続く尾根。
蓬莱山を望む御殿山へ続く尾根。

紅葉は終わっていましたが、悪いことだけではありません。その落ちたブナの葉を踏みながらガサガサと歩くのはとても気持ちが良いものです。わざと落ち葉の吹き溜まりを選んで歩きました。

ガサガサとブナの落ち葉を踏んで歩く。
ガサガサとブナの落ち葉を踏んで歩く。
すっかりと葉を落としてしまったブナの林。
すっかりと葉を落としてしまったブナの林。

ブナの実は、ドングリから想像される形とはだいぶ違います。普通のドングリは切り口が丸いのに対して、ブナの実は三角です。

ブナの実と殻。クリは、この殻の出っ張りが刺になっているんですね。
ブナの実と殻。クリは、この殻の出っ張りが刺になっているんですね。

調べてみるとどちらもブナ科ですが、ブナはブナ属で普通のドングリの実を付けるのはクヌギ属で分類が違っています。

ブナの紅葉は終わっていましたが、上部でもドウダンツツジは真っ赤に色づいてとても綺麗でした。

真っ赤に色づいたドウダンツツジ
真っ赤に色づいたドウダンツツジ

またこの日は風が非常に強くて、武奈ヶ岳の山頂では気を許すと風で体がふらつくほどでした。そのため空気が澄んでいて琵琶湖や京都北山の山々がとっても綺麗に見えました。

武奈ヶ岳山頂からの京都北山の山々。
武奈ヶ岳山頂からの京都北山の山々。

山頂付近の紅葉は終わったと言っても、登っている途中ではカエデの綺麗な紅葉を見られました。

カエデの下をゆく登山道。結構急な斜面なので、上を見て歩いていて、躓いたりしないように要注意。
カエデの下をゆく登山道。結構急な斜面なので、上を見て歩いていて、躓いたりしないように要注意。
色づくカエデ。広葉樹の葉は、日に透かしてみるととても綺麗。
色づくカエデ。広葉樹の葉は、日に透かしてみるととても綺麗。

その他には、トリカブトやリンドウも見ることが出来ました。

これから花開くリンドウ。
これから花開くリンドウ。
一輪だけ残っていたトリカブト。
一輪だけ残っていたトリカブト。

八雲ケ原にはススキの原が広がっていて、日に照らされてとっても綺麗でした。

ススキの海原。日に照らされたススキの穂がとっても綺麗でした。
ススキの海原。日に照らされたススキの穂がとっても綺麗でした。

ルート

2015-10-25
坊村(9:42)→御殿山(11:41-11:52)→ワサビ峠(11:54)→武奈ヶ岳(12:42-12:54)→コノヤマ岳(13:21-13:34)→八雲ケ原(14:21)→北比良峠(14:44)→イン谷口(16:30)→JR比良駅(17:17)

登山届のポストは、坊村の明王院の手前に有りました。

坊村からは、いきなりの急登が御殿山の稜線に出るまで続きます。この間は見晴らしがないこともあってとてもきつく感じました。

御殿山に続く稜線に乗れば、そこから北比良峠までは見晴らしが良くとっても気持ちよく歩けるコースでした。ただ武奈ヶ岳の山頂前後は滑りやすいので注意が必要でした。特に武奈ヶ岳からコノヤマ岳方向への下山路は、私の最も苦手とするザレた急坂でした。

北比良峠からの下り始めは、急ではありませんが崖のすぐ脇を通るちょっとスリリングな道でした。

イン谷口から比良駅までの間はしっかりした道ですが、夕方で薄暗くなっていたし人気も少なく登山道よりむしろ怖い感じでした。

費用

項目 金額 メモ
JR 2500円 三宮から往復。昼得切符を使用
バス 1050円 堅田から坊村
ジュース 130円  
合計 3680円  

三ノ宮–京都間は、チケット屋さんで買った昼得切符を使いました。切符を普通に買うと往復3600円になるので、かなりお得です。

JR堅田駅から坊村までのバスは、臨時便が出ました。臨時便は、平バス停のみに停車するだけで、普通の路線バスより10分位早く坊村に到着しました。多くの人が先に出る臨時便に乗ろうとするので、急がないのであれば普通の路線バスに乗ったほうがゆったり行けたかもしれません。

坊村までのバスは、イコカとピタパを使用出来ました。

イン谷口からJR比良駅までは、春から秋の土日祝日だけバスがありました。料金は350円でこちらもイコカとピタパを使用できるそうです。でも、バス代をケチってもう50分ほど歩いて駅に向かいました。

ゴミ採集ゲーム

12点採集してワンペアのみでした。坊村から武奈ヶ岳を超えてイン谷口に下るコースは多くの人が歩いているのに、12点のみというのはゴミがだいぶ少ないようです。

ゴミ採集ゲームの結果。12点で、ワンペア。
ゴミ採集ゲームの結果。12点で、ワンペア。

有馬三山から西お多福山経由で岡本へ

登り下りを楽しみたくて有馬三山を歩いてきました。まだ紅葉には早いかと思っていましたが、六甲の山の上の方は紅葉が意外と進んでいました。西お多福山のブナが黄色く紅葉してとても綺麗でした。

少し歩く距離を伸ばしてみたくて有馬温泉から山を越えて阪急岡本に出るコースを歩いてきました。

有馬温泉から岡本までにはいくつかルートを選択できますが、単純に登って下るのは面白くありません。そこで何度も上り下りのある有馬三山のコースから登って六甲全山縦走路に出て、西お多福山から下山し、さらに打越峠を越えて岡本駅に出ることにしました。

街中では紅葉までまだしばらく時間がかかりそうですが、六甲のような高くない山でも既に紅葉が始まっていました。

発見と気付き

コースからちょっと外れて有馬グランドホテルの上側に出たら、雲ひとつ無いとっても気持ちの良い青空が広がっていました。

有馬温泉から北側の眺め。気持ちの良い青空。
有馬温泉から北側の眺め。気持ちの良い青空。

妙見寺ではイチョウが黄色く色づき、サザンカも咲いていました。サザンカはもっと寒くなってからの花のような気がしていましたが、もう咲いているんですね。

黄色く色づくイチョウ。綺麗だけど、銀杏の独特な臭い香りも漂っていました。
黄色く色づくイチョウ。綺麗だけど、銀杏の独特な臭い香りも漂っていました。
サザンカ。サザンカがもう咲いているとは思ってもいませんでした。童謡にあるようなもっと寒くなってからの花だと思っていました。
サザンカ。サザンカがもう咲いているとは思ってもいませんでした。童謡にあるようなもっと寒くなってからの花だと思っていました。

全体的に植林帯の中を歩くコースですが、所々に広葉樹も見られまだ緑の木がある一方で気の早い木はだいぶ紅葉していました。特に西お多福山から少し下ったところのブナは綺麗に紅葉していました。

ブナの紅葉。天気が良かったので、青空を背景にブナの黄色がとっても綺麗でした。
ブナの紅葉。天気が良かったので、青空を背景にブナの黄色がとっても綺麗でした。

川原ではロックバランシングに挑戦です。ただ乗せるのではなく、上下の石がバランスを取り合っているアシンメトリを意識して乗せてみました。

アシンメトリ。もっと驚きを与える絶妙なバランスなのを目指しているけど難しい。
アシンメトリ。もっと驚きを与える絶妙なバランスなのを目指しているけど難しい。

ただ目指していたのは、もっと「よくこれで崩れないもんだな」というような驚きが欲しかったので、まだまだですね。

ルート

2015-10-18
有馬温泉(8:30)→妙見寺(9:07)→灰形山(9:39)→湯槽谷山(10:27)→極楽茶屋跡(11:41)→西お多福山分岐(12:14)→住吉川渡る(13:26-13:49)→打越峠(14:28)→八幡谷登山口(15:16)→阪急岡本駅(15:33)

今回のコースでちょっと怖かったのは、灰形山手前の急な部分と細い尾根を通過するところでした。特に灰形山手前の急な部分は、登りだからまだよかったものの下りには使いたくない感じです。

西お多福山と打越峠からの下りは、角度ではなく筋肉的にきつかったです。筋肉がなくなって影響が出るのは、登りよりも普段使わない筋肉を使う下りなんですね。次の日にちょっと筋肉痛になりました。

費用

項目 金額 メモ
交通費 740円 新神戸から有馬温泉
合計 740円

三宮から有馬温泉までは、新神戸から谷上まで抜けて神鉄に乗り換えるのと新開地を回って行く方法が有ります。新神戸のほうが時間は短いのですが、その分電車賃が高くなります。なので、私は有馬温泉に行く時は新神戸からで、有馬温泉に下山した時は新開地を周ってのんびり帰ってくることが多いです。それに新開地駅の駅そばも帰りに選ぶ理由の1つです。

ゴミ採集ゲーム

あまり多くの人が歩かないコースだったからか13点採集して「役なし」でした。この13点も殆どは、住吉川から岡本にかけての間で見つけたもの。

ゴミ採集ゲームの結果。17点採集して、今回は役なしでした。
ゴミ採集ゲームの結果。17点採集して、今回は役なしでした。

新神戸から高雄山経由で森林植物園の往復

山歩き経験がほぼリセットされてまた一年生から再スタート。張り替えたソールに問題がないことの確認と足慣らしのために、新神戸駅から神戸市立森林植物園まで往復してきました。

夏の間は暑さを嫌ってあまり山に行かず、ハイキングブーツのソール張り替えにも時間がかかったので、体力・経験値ともたぶんリセットされてしまいました。また山登り一年生から再スタートです。

張り替えたソールに問題がない確認と足慣らしということで、新神戸駅から神戸市立森林植物園まで往復してきました。ただ市ケ原からトエンティクロスで森林植物園までとちょっと面白くないので、高雄山に登り南ドントリッジと森林管理道を通って森林植物園へ向かいました。

発見と気付き

北アルプスではすっかり紅葉も終わり降雪の話も聞くようになりました。神戸市の裏山は紅葉までにはまだ少し時間は有りますが、ドングリがたくさん落ちていたりコウヤボウキが咲いて秋の気配がしていました。

コウヤボウキ
コウヤボウキ。花びらがクルッとしているのがかわいい。

また森林植物園内のシアトルの森では、モミジバフウがだいぶ色づいていました。ここは広場になっているので、この季節お弁当を広げるのにオススメです。

モミジバフウ
モミジバフウ

生田川などに小さな魚が泳いでいるのは良く見かけますが、イモリが布引ダムにたくさんいるのには驚きました。日の当たるところに集まっていたのは深いところよりも温かいからでしょうか。

アカハライモリ。空気を水に上がってくるときに、ちらっとお腹の赤い色が見える。
アカハライモリ。空気を水に上がってくるときに、ちらっとお腹の赤い色が見える。

森林管理道では、サワガニにも出会いました。

サワガニ
サワガニ

ルート

2015-10-11
新神戸(8:59)→市ケ原(9:44)→高雄山(10:14)→分水嶺越林道(10:53)→神戸市立森林植物園(11:33-13:19)→市ケ原(14:24)→新神戸(15:15)

高雄山へは市ケ原の橋をわたってすぐに急な尾根に取り付き、この急な上りがほぼ山頂まで続きましす。高雄山の辺りは山と高原地図にないコースがあるので道迷いに注意が必要です。

高雄山からの下りは、森林管理道ではなく南ドントリッジを通って分水嶺越林道に出ました。林道を少し東に下って森林植物園の東口に出る森林管理道に入りました。

森林植物園からの帰りは、西側の森林管理道で再度公園バス停に出て、蛇ケ谷を下って市ケ原に出ました。

再度公園バス停から蛇ケ谷へ入る時には、再度公園への車道分岐の少し手前で車道の下を西側からくぐります。これを忘れていて、車道分岐まで行ってしまった。

日の入りが17:30で、そろそろ日没時刻に気をつけて歩かないといけない季節になったな。

費用

項目 金額
交通費 0円
メープルパフェ 500円
お菓子 440円
合計 940円

森林植物園に和菓子屋さんが出店していたのでぶどう大福とおはぎを購入して、帰りの行動食としました。ぶどう大福のぶどうは甘いので、むしろ酸っぱ目のほうがあんこの甘さとバランスして良いかも。食べたことがないけど、いちご大福はそれが良いのかも。

パフェは、季節によって種類が変わるのか。今回はメープルでしたが、春はキイチゴのパフェでした。

ゴミ採集ゲーム

17点採集してイチゴミルクのワンペアのみでした。

2015-10-15_4

ハイキングブーツのソール張り替え

モンベルのテナヤブーツをリソールした記録。まだ二年ちょっとだけど靴底がだいぶ減ってきたので、ソールを張り替えた。靴底の減り方を見ると上手に歩けていないみたい。

ハイキングブーツは使用するたびに底の部分がすり減ってきます。すり減ってくると車のタイヤと同じくスリップしやすくなり危険です。現在の靴は、モンベルのテナヤブーツという製品です。これもだいぶ靴底が減ってきてトレッドがなくなってきて、これが原因で滑ったことはありませんがなんとなく怖くなってきました。

そこで滑って怪我する前に新しい靴を買おうかとモンベルショップで靴コーナを見ていたら、テナヤブーツはソールを張り替えることができると教えてもらいました。新しいテナヤブーツは足の甲の部分と足首の部分の締め付けを別々に調整できて魅力的でしたが、現在の靴はとても気持ちよく履けているのでソールを張り替えてもらうことにしました。

買い替えまたはソールの張り替えの目安は?

靴底がどのくらいすり減ってきたら新しい靴に買い換えたりソールを交換するのでしょう? 車のタイヤならば交換時期を示すスリップサイン1というものがあるそうですが、ハイキングブーツには多分ありません。私はこのくらいでソールを張り替えました。

2015-10-14_1

購入からの期間はまだ二年数ヵ月です。時間的にはたった二年でとも思えますが、ほぼ毎週どこかに行っていたので回数が多く、こんなものなのでしょうか。

2015-10-14_2

ソールの減り方を見ると、つま先はそれほど減っていないのに踵のところは靴底のトレッドが無くなっています。山歩きの教科書には地面に対して靴底を平らに置いて歩くと書かれていますが、この減り方だと踵から着地しているみたいです。

ソールの張り替えを依頼

ソールの張替えは、近くのモンベルショップに靴を持って行って依頼しました。

  • ソールを張り替える前に見積もりを出してもらいて、その見積もり結果から張り替えるか中止するかも選択できます。もっとも張替えの費用はだいたい決まっているとの事でした。そこで連絡に時間を使うよりすぐに作業してもらいたかったので、見積もり無しでソールを張り替えてもらうことにしました。

  • 私のテナヤブーツと現在の製品ではソールが異なっています。現行のソール(トレイルグリッパー)に張り替えるか、もし在庫が残っていればの条件付きでこれまでと同じソールにするかを選択出来ました。カタログ的には現行のソールのほうがグリップ力が強いということになっていますが、これまでと同じソールでお願いしました。

ソールの張替えに必要な期間は、通常二週間位かかるとのことでした。しかし依頼した時期が悪かった。ちょうど混んでいる時期な上に9月の大型連休もあったので仕上がりまで一月もかかってしまいました。

ソールを張り替えたら本格的に使用する前に不具合がないか試しておきたいので、私のように一足しかハイキングブーツを持っていない場合は張替えを依頼する時期を良く考えてのほうが良さそうです。

でも春と秋はハイキングのベストシーズンですし、夏は夏山に行きたいし、冬は雪が降ったら山を歩いてみたくなるで、一体いつが靴底を張り替えるベストシーズンなんだ?

ソールの張替え完了

ソールの張替えを依頼してから約一月してやっと張替えが終わって靴がお店に届いたとの連絡をもらいました。

その結果がこれです。当たり前ですが新品の角が尖ったソールになりました。ソールの張替えでは、ソールだけでなくつま先と踵の黒い部分も張替えになったようです。

2015-10-14_3
2015-10-14_4

張替えにかかった料金は、7020円(消費税込み)でした。もちろんこの値段分に応じたモンベルポイントが付きます。

これでもう二年はこの靴でハイキングに行けます。

参照