防水デジカメTG-4にピッタリのカメラケース

オリンパスの防水デジカメTG-4にピッタリのカメラケースはニコンの「ソフトケース CS-NH47」でした。

基本雨が降りそうな日はハイキングに行かないのですが、たまに雨に降られることもあります。雨が降られた時は写真を諦めても良いのですが、そんな時に限って写真を撮りたくなるような景色に出会う気がするのでオリンパスの防水デジカメTG-4を現在使っています。

これまではカメラを剥き出しのまま首からぶら下げて使っていました。しかし先日レンズを岩の角にぶつけそうになってヒヤッとしたので、ケースに入れて大切に扱うことにしました。

普通のケース

家電量販店に行くとカメラケースがたくさん並んでいます。ただしそれらは蓋が付いていたりジッバーで口を閉じるようになっていて、カメラを取り出すのにひと手間かかってしまうので候補から外しました1

オリンパス純正のケース

オリンパスの純正ケースは、「スポーツホルダー CSCH-123」と「ソフトカメラケース CSCH-121ソフトカメラケース CSCH-121」がありました。

スポーツホルダー CSCH-123

スポーツホルダー CSCH-123は、ケースと言ってもほとんどむき出しです。そのためケースに入れたまま撮影できます。

しかしケースを探している目的が本体の保護なので、ほとんど剥き出しでは目的と外れています。また取り出したカメラをケースに入れる時にフラップを輪に通す必要があり、その手間がめんどくさかった事もこのケースを選ばなかった理由の一つです。

ソフトカメラケース CSCH-121

ソフトカメラケース CSCH-121は、次のニコンのを見つけなければこれに決めていました。

まずカメラをただケースに押しこむだけで良いという点が気に入りました。そして穴が開いているので雨が降っていても筒状のケース内に水が溜まる(重くなる)心配がありません。

ただし素材がシリコンラバーのためかケースだけでもなかなかの重さがありました。重いと言っても87gしかないのですが、TG-4自体かなり重めなのでケースでさらに重くなることに躊躇しました2

ニコンのソフトケース CS-NH47

どうしようかなと迷いながらカメラケース売り場を見て回っていたら、このニコンの「ソフトケース CS-NH47」が目に入りました。

オリンパスの「ソフトカメラケース CSCH-121」と同じくただカメラを押しこむだけで良い筒型のケースで、筒の底がメッシュになっているので水が溜まる心配がありません。重さもオリンパスのに比べてかなり軽く感じました。後で重さを測ったら42gでした。

一番問題なのは、TG-4がこのケースに入るかということです。実際にTG-4を入れて試したところオリンパスのケースに比べると余裕はないのですが、TG-4はこのケースにピッタリと収まりました。

オリンパスTG-4をニコンのソフトケースCS-NH47に入れたところ。ここまでということはなく、ちゃんと最後まで入ります。

TG-4のオプションにシリコンジャケットがありますが、シリコンジャケットを付けると入らないかも知れません。

ちょっと改造

カメラが飛び出さないように上部に巾着状に絞れるようになっていて、そのコードが下に出ているのは変なの、と最初は思っていました。しかしカメラをケースに入れるとその巾着状の部分が引き込まれるので、コードが上に出てプラプラしているよりも良かったです。

ただしコードが長すぎたので切って最小限の長さにし、コードロックも不要なので外してしまいました。先端の玉は、細いマイナスドライバーを差し込んで爪を外すと取ることが出きます。

オリンパスTG-4とニコンのソフトケースCS-NH47

まとめ

ニコンの「ソフトケース CS-NH47」は、まさにオリンパスのTG-4にぴったりでした。

カメラをケースに入れたことでカメラが岩などにぶつかることに気を使う必要がなくなり、それでも写真を撮りたい時にはカメラに取り付けてあるストラップを引くことで簡単に引っ張り出せるのでストレスもありません。

脚注

  1. 最初から除外したのではなく、正確にはもっと便利なケースがあることが分かりその結果として除外されました。

  2. 一眼カメラに比べたらそれでもだいぶ軽いのですが、この時は二の足を踏みました。

六甲山も雪景色

強い寒気が流れ込み六甲山でも積雪が見られました。兵庫県南部では雪が降るのが珍しいので、ここぞとばかりに雪景色を求めて六甲山へハイキングに行ってきました。

強い寒気が流れ込み前日は雪の予報でしたが、どうせ神戸で雪が降ることはないだろうと高をくくっていました。しかし夜になるポタポタと雨だれの音がしだし、外を見ると近所の家の屋根が白くなっていました。

当初は森林植物園へシモバシラの霜柱を見に行こうと思っていたのですが、雪が珍しい六甲山ではこの機会を逃すと雪を踏みしめながらのハイキングはもうできない可能性があるので急遽予定を変更して有馬温泉から六甲山へ登ることにしました。

景色と発見

雪を踏む音

前日の夜には街中でも屋根に雪が積もっていたので、山はきっとたくさん雪が積もっていると期待して行きました。しかし積雪はせいぜい2cm程度で、風が強いところでは雪が飛ばされて地面が見えているところもありました。

積雪はこの程度。思ったほどには積もっていなかった。

特に今回の雪はとてもサラサラしていて、雪球を作ろうとぎゅっと握ると固まらずに簡単に崩れてしまいました。そのためか靴に雪が付いて歩くたびに足が重くなったり、雪を踏む時のギュッという音がしませんでした。

靴に雪が付くのは面倒くさいのですが、あのギュッという音を聞かないと雪の上を歩いた気がしません。

雪だるま。二段重ねの日本型。

そんなことを思いながらアイスロードに入ると雪の感じが変わってベタベタした雪になり雪を踏む音を楽しめました。

記念碑台付近をアイスロードから見上げる。

雪景色

雪の量は少なかったのですが、それでも六甲山は雪景色になっていました。

六甲山最高峰。最近周りの木が切られ見晴らしが良くなったけど、こんな日は風よけがほしい。

特に雪の積もった山道に樹氷もプラスされた縦走路はとても綺麗でした。

樹氷の縦走路。
枝に出来たエビの尻尾。風上側に伸びていくって不思議。

私のお気に入りは松にできた樹氷です。真っ白な樹氷は綺麗ですが、松に付くと葉の緑との対比により水墨画の世界が日本画の世界になるような気がします。

枯れ枝の白い樹氷もきれいだけど、松に樹氷ができると緑と白の対比がきれい。

さらにサザンカの花にに雪が積もると、いつものサザンカよりもよりきれいに思えます。

雪をかぶったサザンカの赤い花。

ガーデンテラス

六甲山最高峰からガーデンテラスまでは尾根伝いの道なので風が直接当たりとても冷えました。写真を取ろうと手袋を外すと一瞬で手が冷えてしまい、首に手を当てて暖を取る必要があるほどでした。

ガーデンテラスからの眺め。下のゴルフ場のあたりも白くなっている。

そんな中着いたガーデンテラスは、トイレに暖房も入っているしまさに天国でした。テラスからの眺めだけでなく、木には樹氷が付いていていつもよりもいい雰囲気になっていました。

特に気に入ったのはクリスマスツリー(樅の木?)に雪が付いていたことです。クリスマスツリーの雪というと綿を乗せたのしか見たことがなかったので、本物の雪で白くなっているのを見られたのは大収穫でした。

クリスマスツリーに本物の雪が付いているのを初めて見た。

アイスキャンディー

寒気の到来により雪だけでなくアイスロードの川ではアイスキャンディーを見ることができました。

沢から飛び跳ねた水滴が沢にかかる木の枝について氷となり、その氷が段々と大きくなりアイスキャンディーのようになったようです。

沢の水滴が枝について凍ったアイスキャンディー。

この辺りではもう雪も無くなっていたし、この先危険なところもないので気が緩んだのか、この写真を取った後に不安定な石に乗ってしまいコケてしまいました。

キズパワーパッドの大が必要なくらい擦りむいてしまいました。それでも腕の骨を岩の角に対して直角にぶつけたのに骨折にならずに擦りむいただけですんだのはとてもラッキーでした。

ルートと注意点

2017-1-15

行程
有馬温泉駅(8:11)→有馬温泉(魚屋道登山口)(8:38)→一軒茶屋(10:12-10:24)→六甲山最高峰(10:30)→極楽茶屋跡(11:29)→六甲ガーデンテラス(11:57)→六甲山記念碑台(12:26-12:39)→アイスロード→阪急六甲駅(14:39)
距離と時間
15.1km 約6.5時間(休憩40分を含む)
トイレ
有馬温泉駅、六甲山最高峰下、ガーデンテラス、記念碑台、六甲ケーブル下駅、阪急六甲駅。
六甲山最高峰のトイレは改装されて綺麗な水洗になったため、冬の間は凍結防止のため使用できなくなっていました。代わりに仮設トイレが設置されています。

注意点

  • チェーンスパイクやアイゼンなどの滑り止めが必要です。六甲山最高峰に着く少し手前のいつも水が出ているところが凍っていました。この他たくさんの人が歩く最高峰への坂やガーデンテラスの前後は雪が降ると踏み固められてアイスバーンに良くなります。
  • 下山路にアイスロードを選択しましたが、ちょと滑ったら滑落の可能性があるコースで、もし雪が凍っていたら結構危ない感じでした。

ルート案内

有馬温泉駅を出て金の湯の脇を通って炭酸源泉公園を目指します。この日は朝から金の湯の足湯にお湯が溜められていました。また途中の路地を入った所に源泉の一つがあり、温泉が出ていることを実感できます。

有馬温泉の源泉の一つ。覆いは熱いので火傷に注意。

炭酸源泉公園を過ぎてさらに登って上の道に出て、かんぽの宿の前を過ぎた少し先から山道が始まります。

山肌に沿ったジグザグ道を進んで標高を上げ、尾根を越えるとしばらく平らな道になります。

紅葉谷に下る炭屋道を過ぎてしばらく行くと東屋があります。ここからまたしばらく登りが続きますが、数年前の台風の影響による崩落後の上を横切るとまた傾斜がゆるくなり六甲山最高峰までは後少しです。

六甲山最高峰のすぐ手前には、いつも湧き水がハイキングコースを濡らしているところがあります。冬の間はここが凍って逃げ道もないので、滑り止めの準備が必須です。ただし今回はうまい具合に雪が滑り止めとなり、チェーンスパイクを使わずに越えられました。ここを越えると一軒茶屋が直ぐです。

六甲山最高峰直前の危険地帯。この日は雪が滑り止めとなりチェーンスパイク無しで通過できた。

六甲山最高峰はここからコンクリートの舗装路を登ります。天気が良い日には、縦走路との分岐にある東屋の辺りから大阪平野を一望できます。

最高峰の頂上から少し戻ったら六甲全山樹走路を西に進みガーデンテラスを目指します。この区間は何度も登り下りがあり楽しい区間です。ただし車道の横断も多いので車に注意が必要です。

ガーデンテラスから西に進むと山道が終わり、ゴルフ場に沿った平らな道が記念碑台まで続きます。

記念碑台の辺りからしばらくは車道に歩道がありますが、アイスロードへの入り口手前は歩道がなくなり車との接触の危険があります。

アイスロードに入るとぐんと標高を下げ沢に出ます。ここからは比較的なだらかになり、表六甲ドライブウェイの下をくぐると山道の終わりも直ぐです。

車道に出たら十字路を直進して下側の旧道を進み六甲ケーブル下駅を目指します。六甲ケーブル下からはバスがたくさん出ていますが、今回はさらに阪急六甲駅まで歩きました。

費用

項目 金額 メモ
交通費 930円 三ノ宮から有馬温泉
交通費 190円 阪急六甲から三ノ宮
ジュース 130円 ホットレモン
合計 1250円  

水筒の水が凍るほどの気温の中を歩いて来たので、ガーデンテラスで飲んだホットレモンはお腹に染み渡りました。トイレも暖房が入っていて極楽でした。

水筒を外にぶら下げていたら凍った。なぜか蓋が空回りして開けるのに苦労した。

ゴミ採集ゲーム

ハイキングコースがほとんど雪に埋もれていたので、下山路のアイスロードで見つけた1点のみでした。

初詣は神戸八社巡り

元旦に何もしないのも面白くないので、朝から八社巡りに生田神社と湊川神社を加えて初詣がてら体を動かしてきました。

神戸の中心と言えば三宮(JRでは三ノ宮)です。名前に宮が付いていることから分かるように、大丸の所に三宮神社があります。それだけではなく神戸の中央区から兵庫区にかけて一宮神社から八宮神社までそろっています。この神社を回ることを「八宮巡り」と呼ぶ事を昨年知りました。

昨年この神戸八宮巡りを知って意外と面白かったので、今年は去年の経験を踏まえて途中にある生田神社と湊川神社も加えて元旦に八社巡りをしてきました。

神戸八宮巡りは神戸市バスのおすすめコースになっていて、バスでお参りする方向けに各神社の解説や案内地図付きの御朱印帳が配布されています。また解説がYouTubeでも公開されているので、歩く前に見ておくと神戸八宮巡りをより楽しめそうです。

景色と発見

生田神社

まずは生田神社。元旦の朝はそれほどの人混みもなくスムーズにお参りができました。アルバイトの巫女さんを見るとお正月だという気がしてきます。

生田神社

一宮神社

生田神社を北に抜けたら、北野坂を少し登って東に入ると一宮神社の前に出ます。

一宮神社

二宮神社

一宮神社を東に進み加納町の歩道橋を渡り、二宮商店街に入るとすぐに二宮神社への路地があります。

二宮神社にも数人の巫女さんが居たのには驚きました。

三宮神社

JR三ノ宮駅に戻り、神戸市役所の手前を西に進むと三宮神社の前に出ます。

三宮神社

三宮神社には神戸開港当時の歴史1を知る手がかりとなる大砲が置かれていました。この三宮神社から南側が当時は居留地になっていたのだと思います。

四宮神社

三宮神社から県庁を目指して進み、相楽園の南西角下に四宮神社があります。

四宮神社

四宮神社では甘酒の振る舞いをしていました。しかし賽銭したくらいで甘酒をごちそうになるのはさすがに気が引けたのでパスしました。

兵庫県庁の前には教会(神戸栄光教会)があり、神父(牧師?)さんが信者を出迎えていました。キリスト教の人も元旦にお参りするのですね。それとも元旦が日曜日だったので、元旦だからではなく日曜日だったからなのでしょうか。

五宮神社

四宮神社から五宮神社までは結構な距離があります。四宮神社から北に突き当たりの諏訪山神社下まで進み、広い道沿いに西に進みます。この辺は高い建物のない住宅街で、日当たりがよく気持よく歩けました。五宮神社は、この広い道から北にかなり急坂な路地を入った所にあります。

五宮神社

五宮神社はこれまでの神社と打って変わって非常に質素な神社です。それでも常に誰かがお参りに来ていて地域の氏神様なのだと感じさせるとても良い感じの神社でした。静かで周りには高い建物がなく開放的で、私はここが一番好きな神社かな。

六宮神社と八宮神社

六宮神社は、五宮神社から南に真っ直ぐに下り、大倉山公園を越えて市立図書館に出て、大きな道を渡った先にあります。五宮神社と同じく地図読み力が試される神社です。

六宮神社

六宮神社は、歴史的な経緯で八宮神社と合祀されています。去年は七宮神社にお参りした後で再度お参りしましたが、今年はまとめてお参りでOKにしました。

湊川神社

六宮神社・八宮神社から西に抜けると湊川神社の北に出ます。お昼少し前の時間だったので人が多く入場制限があり神戸駅側からしか入れませんでした。

お参りの行列に並んでいたので食べませんでしたが、明石焼きがとても美味しそうでした。

七宮神社

JR神戸駅を抜けて高速道路下の大きな道を西に進むと七宮神社があります。

七宮神社。奉納された酒樽の左に錨が奉納されています。

帰ってきてから教えてもらったのですが、七宮神社には錨が奉納されています。そうだった?と思いながら写真を見直すと、確かに錨が写っていました。七宮神社は海が近く、海とのつながりを感じさせられました。

ルートと注意点

2017-1-1

行程
JR三ノ宮駅(9:08)→生田神社(9:18)→一宮神社(9:27)→二宮神社(9:38)→三宮神社(10:03)→四宮神社(10:19)→五宮神社(10:45)→六宮神社・八宮神社(11:09)→湊川神社(11:36)→七宮神社(12:04-12:21)→JR神戸駅(12:33)
距離と時間
10.6km 約3.5時間(休憩を含む)
トイレ
サンチカ、二宮神社、四宮神社、四宮神社を北に上がった突き当りの公園、湊川神社、デュオこうべ。大倉山公園の南に市立図書館がありますが、この時はお休みでした。

注意点

  • お正月の三ヶ日は生田神社と湊川神社は言うまでもなく非常に混雑します。

費用

項目 金額 メモ
交通費 120円 JR神戸から三ノ宮
合計 120円  

帰りは神戸駅から海を見ながら歩いて帰ることも考えたのですが、お腹が空いたので電車を使いました。

四宮神社から五宮神社と五宮神社から六宮神社(八宮神社)は距離があるので、バスを使って楽をすることもできます。今なら乗り継ぎ割引があるので、四宮神社から六宮神社まで行っても210円ですみます2

参照と脚注

  1. 神戸事件 – wikipedia

  2. 神戸市バスの料金をICカードで支払うと、降車から次の降車までの時間が1時間以内たど支払いが210円引きになる乗継割引をしています。そのため四宮神社(を北に上がった公園)から五宮神社の最寄りまバス停まで210円かかりますが、次の六宮神社(の近く)までの料金が無料になります。ICカードによる市バス乗継割引