森林植物園のフクジュソウと洞川湖の梅林

3月12日:六甲全山縦走大会の日なので、そのコースを避けるようにカスケードバレーから登って森林植物園を目指しました。森林植物園のロックガーデンにはフクジュソウやセツブンソウがきれいに咲いていました。帰りに洞川湖の梅林で梅を楽しもうと思いましたが、こちらはまだほとんどが蕾でした。梅の見頃はもう少し先のようです。

この日は、兵庫県勤労者山岳連盟の六甲全山縦走大会の日でしたので、六甲全山縦走路を沢山の人が歩いていることが予想されました。特にこの大会は塩屋から宝塚だけではなく半分だけコースもあるので、早い時間から摩耶山の辺りを通過する参加者がいます。

そこで大会参加者の邪魔をしないように縦走路を避けてカスケードバレーで登り、シェール道とヌケ谷を通って森林植物園にフクジュソウなど春の花を見に行くことにしました。

景色と発見

福寿草

フクジュソウの花は、気温によって開いたり閉じたりします。そこで新神戸からトエンティクロスを進むの最短コースではなく、気温が高くなるお昼ごろに森林植物園へ着くようにカスケードバレーから登るコースを選びました。この作戦が当たったようで、フクジュソウがたくさん咲いていました。

フクジュソウ。
フクジュソウ。

今回の一番の目的だったフクジュソウの花を見られて大満足です。

ロックガーデンの花々

森林植物園のロックガーデンには、フクジュソウの他にも色々な花が植えられています。

この日は、セツブンソウもまだ咲いていました。セツブンソウの名前は節分の頃(2月上旬)に咲くからということです。そのためもう咲いていないかと思いましたがまだ咲いていていラッキーです。

白い花弁に黄色し雄しべと青い雌しべの組み合わせが良いですね。

セツブンソウ。

今回初めて見たのはユキワリイチゲです。白く清楚な花がたくさん咲いていてとてもきれいでした。

ユキワリイチゲ。
森林植物園のユキワリイチゲ。

カタクリもこのロックガーデンに植えられています。開花はまだ一月くらい先でまだ芽も出ていませんでした。

ブナ枯れ病

森林植物園の展示館では、ナラ枯れ病の展示がされていました。

少し前からナラ枯れ病対策のためにと漏斗を重ねたような装置が園内の木に設置されていましたが、兵庫県内でもこのナラ枯れ病が広がってきているとのことでした。

ナラ枯れ病は、ナラに限らずドングリの成る木は全てと言っていいくらいこの広くかかるとのことでした。そして最近広がってきているのは、ドングリの成る木の利用が減って森が高齢化して木が太くなり、ナラ枯れ病を運ぶカシノナガキクイムシという甲虫が好む太さの木が増えたことが原因の一つとのことでした。

ナラ枯れ病の対処方法は人の病気と同じく早期発見早期治療で、病気になった木を早く見つけて切ったり薬を注入することだそうです。春までが予防や対処の季節なので、 ナラ枯れ病にかかった木を見つけたら関係機関までお知らせください とのことでした。

ナラ枯れ病にかかっているかを見分けるポイントは、簡単で次の三点です。

  • まだ夏なのに紅葉している。
  • 幹に2cm程度の穴がいくつも開いている。
  • 根元に穴を開けた時の木くずがたくさんたまっている。

そう言えば岡本の打越峠の北側でそんな木を見たような気もします。今度通った時によくみて見よう。

洞川梅林

森林植物園を出た後は、今週も梅を見てきました。岡本梅林公園保久良山の梅林に続いて三週連続での観梅となりました。

洞川梅林の梅。満開の梅もありましたが、全体的にはまだ蕾の木のほうが多かった。

ただし洞川梅林はまだまだ蕾の木がほとんどでした。来週の春分の連休あたりからが見頃でしょうか。写真を取りに来ていた方によると、昨年より一週間から二週間くらい咲くのが遅いとのことでした。確かに今年は3月になっても今ひとつ暖かくなりませんね。

洞川梅林の梅。

負け惜しみではないですが、蕾がぷっくらと膨らんでもうすぐ咲きそうという感じも良いものです。

洞川梅林の梅。まだ蕾の木が多かった。

春と冬の出合

カスケードバレーを登り切って穂高湖へ下るところでおもしろいものを見つけました。

このところ六甲山では自然再生事業として下草や木が切られています。その一環で切られたと思われる切り株が白くなっていました。

樹液がたくさん出ているかと思ったら氷でした。

六甲山最高峰のところで松が切られているのを見かけたので、これも切り株に松脂がたくさん付いているのかと思いました。しかし全然松の良い香りがしないのでつついてみましたが、全然べとつきません。そして触ってみると冷たくて、やっと氷だと気が付きました。

たぶん春なので根が盛んに水を吸い上げるようになっていてますが、幹を切られたために行き場を失った水が溜まり、それがまだ気温が低く氷点下になり凍ったのだと思います。ちょっとずつ幹から出てきた水が段々と成長したのだと思いますが、これだけの水を根が吸い上げているのだと思うと感心してしまいました。

吸い上げた水が氷柱になっていました。

春の足音

山の上はまだ氷点下になるようですが、森林植物園の池では春の営みが始まっていました。

ここには二種類のアカガエル(名前を忘れました)が生息しているそうですが、その卵が産み落とされていました。

森林植物園で見つけたカエルの卵。多分アカガエルの卵。
カエルの卵がたくさん。

今回はありませんでしたが、ここでヒモ状につながったヒキガエルの卵を見たことがあります。

カエルの卵の他にも今シーズン最初のチョウを見かけました。胸から腹にかけて毛が生えていて、何だか毛皮を着たようなチョウです。

羽根の模様から判断するとテングチョウでしょうか? まだほとんど緑はないので蛹で冬を越したのかと思いましたが、テングチョウは成虫の状態で越冬するとのことです。

暖かくなりチョウも日向ぼっこをしていました。

春に限りませんが、おまけとしてシジュウカラらしい小鳥が水浴びをしているのも見かけました。

シジュウカラかな?水浴びをしていました。

気持ちの良いハイキングコース

前半のカスケードバレーからシェール道は、雨の後の増水に気をつける必要がありますが、ずっと川沿いの道で何度も橋のない川を渡る楽しいコースです。

カスケードバレーの滝。

特にシェール道と桜谷の出合からヌケ谷に入るまでは、明るいなだらかな道でとても気持ちの良い部分です。この季節は小鳥の声が良く聞かれます。

お気に入りの道。シェール道と桜谷の合流点から森林植物園までの間。

休憩には、ヌケ谷と分岐する手前(北東側)にある八洲堰堤の上流の所が日当たりが良く北風も遮られているのでもってこいの場所です。森林植物園の東門に向かう所よりオススメです。

ただしこのコースは山頂を通らないので、眺めの良い場所がほとんどありません。

そこで大師道を下ってきた最後は、灯籠茶屋や稲荷茶屋のところで車道に出ないで、ほぼ水平に諏訪山神社まで行く道がオススメです。この道は神戸山手学園のグランドに沿って進み、途中からは神戸市街越しに大阪湾を見渡せます。

神戸山手学園のグランド脇からの眺め。

ルートと注意点

2017-3-12

行程
五毛バス停(8:49)→杣谷登山口(9:10-9:21)→カスケードバレー→穂高湖(10:37)→シェール道→桜谷出合(11:28)→ヌケ谷→神戸市立森林植物園(12:21-13:48)→洞川梅林(14:16-14:27)→再度公園(14:41)→諏訪山神社(15:51)→諏訪山神社下(15:57)
距離と時間
15.2km 約7時間(休憩を含む)
トイレ
穂高湖入り口(凍結のため仮設トイレを使用)、森林植物園、再度公園、大師道の所々、諏訪神社下の交番脇の公園。

ルート状況・注意点

  • カスケードバレーとシェール道、ヌケ谷など川を渡る箇所が多いので、雨の後は増水して渡れない可能性があり注意が必要です。
  • カスケードバレーとヌケ谷は少しルートファインディングが必要なので、本当の初心者は要注意です。

費用

項目 金額 メモ
バス 210円 三宮から五毛
森林植物園 0円 トリコロールカードを使用。通常300円
お昼 960円 カレーとドリンクのセット
合計 1,170円  

森林植物園のスパイシーカレーが美味しかったです。途中からずっとカレーのことを考えていました。またパフェはまだ始まっていませんでした。4月からかな。

ゴミ採集ゲーム

ゴミ採集ゲームの結果。19点採集してトリプルが1組でした。

19点採集してトリプルが1組でした。このトリプルは同じ所に落ちていたので、同じ人(グループ)が落としたのでしょう。

それと良くツムラの「シャクヤクカンゾウトウ」を見つけるので調べてみたら、痛み止めで足がつった(こむら返りの)時に時に効くらいしいです。それで山の中で飲む人がいて袋が落ちているのですね。納得しました。

参照と脚注

クイーン・エリザベス号が神戸に

3月13日早朝に三代目のクイーン・エリザベス号が神戸港にやって来ました。そして次は翌週20日の早朝になります。

夜明けのクイーン・エリザベス。

三代目のクイーン・エリザベス号は、数年前に台風の影響で予定が変わって急遽神戸港に入港したことがあるので今回初めての入港というわけではありません。しかしなんと言っても知名度が高い船なので、早朝にもかかわらず多くの人が朝から集まっていました。私もその一人。

入港予定が午前6時ということでしたが、ポートライナーの始発(三宮発5:40)で行きました。そうしたら既にクイーン・エリザベスが入港していて、まさに接岸しようとしている時でした。クイーン・エリザベス号は、APRSで位置情報を発信しているで確認したところ、5時半頃にはポートターミナルから見える位置に来ていたようです。消防艇による放水もあったようなのに見られませんでした。

神戸のポートターミナルに停泊するクイーン・エリザベス。

クイーン・エリザベス号を見た感想ですが、白と黒の船体は白一色が多い他のクルーズ船よりもシックな感じで良かったです。この黒も、真っ黒という黒ではなく、日の光が弱い時間帯だったからか青みを含んだ濃い灰色で、シックながらも明るい感じに思えました。ただ船体の形は、四角柱に船の先端をくっつけたというよくある形だったのは残念でした。

また気がついた時には既に締め切りを過ぎていましたが、クイーン・エリザベス号の船内見学会も開催されていました。市の広報に募集記事が載っていたのですが、配られてから一月以上経って読んだのは失敗でした。すぐに目だけでも通しておくべきでした。

ポートターミナルに停泊するクイーン・エリザベス。

参照

東お多福山と保久良山の梅林

3月5日:以前から気になっていた西お多福山の森林管理道を歩いてみました。帰りは東お多福山の草原でのんびりし、保久良山で梅の花を楽しみました。

西お多福山から下って来て住吉川を渡る少し手前に東に進む明らかな道があります。この道(森林管理道)は「山と高原地図」にも実線として描かれている道ですが、今まで歩いたことがありませんでした。そこで今回はこの森林管理道を歩いてみることにしました。

そして岡本の保久良山の梅林が見頃らしいとのことなので、帰りは東お多福山の気持ちの良い草原を通ってから魚屋道に出て、風吹岩から西に進んで保久良神社に下りました。

景色と発見

東お多福山の草原

東お多福山の草原。雨が峠から東お多福山の山頂まで草原が続いています。

東お多福山は、雨ヶ峠から山頂にかけて緩やかな起伏が続いています。ここは茅場として使われていたそうで気持ちの良い草原になっています。この季節は何も生えていませんが、夏になるとササユリなど花も多くなります。

東お多福山の草原。

ハイキングの楽しみといえばなんと言っても山頂でのお弁当ですが、この日も東お多福山の山頂付近や途中の草原で何組もの人たちがお弁当を食べていました。

なぜか最近はほとんど歩きながらエネルギー補給をするだけで、ゆっくり座ってお昼を食べることが無くなってしまいました。しかしこの日は風もなくとても気持ちの良い日だったので、私も真似してお昼のパンとデザートに持参したデコポンを食べました。開けた場所で景色を見ながらのんびりとお昼を食べるって良いですね。

保久良神社

保久良神社。

保久良神社のすぐ西に梅林がありますが、下山してきたらまず無事に歩けたお礼のお参りを保久良神社にしておきます。

保久良神社の鳥居前からの眺め。

この神社の鳥居のところからは、東灘区の街並みとその向こうに広がる大阪湾を眺められます。ここは街並みがすぐ近くに見られる点が気に入っています。さらに空気が澄んでいる日は金剛山の方まで見渡せます。

保久良山の梅林

先週行った麓の岡本梅林公園には色々な種類の梅の木が植えられていましたが、この保久良山の梅林はシンプルな紅梅と白梅だけでした。それでも密に植えられているので、本当に梅林という感じがして良かったです。

保久良山の梅林。満開の一歩手前で見頃でした。
保久良山の梅林。

時季的にもまだ枝の先に蕾が残る満開の一歩手前で、まさに見頃でした。この後気温の低い日が続いたので、次の週末もまだまだ見頃だと思います。

高台から見た梅林。紅白の梅の木があって綺麗でした。

脇の道を入って少し登ると梅林を上から眺められる場所がありました。普段は下から見上げるばかりで全体を見渡せませんが、ここからなら梅林を上から眺められて新鮮でした。

梅にメジロ。

この日もメジロが数羽梅の木の間を飛び回っていました。花の蜜が好きなら桜の季節にも見かけても良いはずですが、何故か見かけませんね。

春の足音

梅の他にも冬が終わって春になったというサインが色々ありました。

まず森林管理道を歩いている時にはウグイスが鳴いていました。これがウグイスの鳴き声を聞いた今シーズン最初です。

スミレ。タチツボスミレかな?

日当たりの良い山道にスミレが咲いていました。スミレには多くの種類があってちゃんと見分けられませんが、この写真のスミレはよく見かけるのでタチツボスミレではないかと思います。

アセビ(馬酔木)。

またアセビの花も鈴なりに咲いていました。

ルートと注意点

2017-3-5

行程
阪急岡本駅(8:36)→八幡谷登山口(8:55)→打越峠(9:38)→住吉道→西お多福山と住吉道の分岐(10:11)→森林管理道→本庄橋跡(10:57)→土樋峠(11:04-11:06)→東お多福山(11:17)→雨ケ峠(11:44)→風吹岩(12:22)→保久良神社(13:01-13:06)→保久良山梅林(13:07-13:38)→阪急岡本駅(14:00)
距離:12.4km
時間:5:24
距離と時間
12.4km 約5時間+休憩0.5時間
トイレ
阪急岡本駅、保久良神社。

ルート状況・注意点

  • 西お多福山の麓の森林管理道は出だしこそ少し登りですが、途中からはほぼ水平の歩きやすい道でした。途中には見晴らしの効くポイントあり良かったです。ただし橋のない沢を渡るところが何ヶ所かあるので、雨の後には要注意です。
  • 保久良神社の直前には段差の大きな階段が続いています。

費用

項目 金額 メモ
交通費 190円 神戸三宮から岡本
交通費 190円 岡本から神戸三宮
合計 380円  

岡本駅は普通と急行のどちらも止まるので、交通の便が非常に良い所です。そのため駅でのんびりしている暇なくあっという間に帰ってこれます。

ゴミ採集ゲーム

ゴミ採集ゲームの結果。29点採集してペアが2組でした。

29点採集してペアが2組でした。

レシートにキスチョコがあるけど、落とした人と同一人物の?

キスチョコの紐が落ちていてペアができました。そして別のところで採集したレシートを広げてみると、品名にキスチョコが書かれていました。偶然なのかも知れませんが、同じ人がキスチョコの紐とレシートの両方を落としたのかもと想像してしまいました。

参照と脚注

街中の梅はそろそろ終わりになり次の桜までは少し間がありますが、一足早く桜のような花を付けるアーモンドフェスティバルが3月19日と20日に東灘区の東洋ナッツ(株)の敷地内で開催されます。アーモンドフェスティバル – 東洋ナッツ(株)

六甲山最高峰と岡本梅林公園

2月26日:阪急芦屋川駅から六甲山最高峰に登り、帰りは梅祭りの岡本梅林公園で梅の花を楽しんできました。風が弱く日もあり、今回も絶好のハイキング日和でした。ただお多福山から下ってきた住吉川は注意が必要でした。

岡本の梅林公園の梅が見頃という話をTwitterで知り、今回は芦屋川から六甲山最高峰に登り、帰りに岡本の梅林公園で梅の花を眺めるコースにしました。岡本には保久良神社にも梅園があり、こちらももうすぐ満開とのことでした。

この日は風が弱く日も出ていたので、日の当たるところでは暑いくらいでした。そのため真冬用の手袋では暑すぎました。そのため日向では手袋を脱ぎ、日陰はそれでもやっぱり手が冷たいのでまた手袋をしと、脱いだり付けたり忙しかったです。今度は少し薄手の手袋を持っていくことにします。

景色と発見

岡本梅林公園

岡本梅林公園。梅祭りの日で沢山の人が来ていました。

梅が見頃な日曜日とは言っても、梅林公園には近所の人が散歩がてら見に来ているくらいだと想像していました。しかし山から下ってきて岡本の梅林公園手前に来てみると、予想以上に沢山の人がいてどうしたのかと思いました。

行ってから知ったのですが、ちょうどこの日は梅祭りの日でした。それで沢山の人が来ていたのですね。公園内では梅にちなんだ物販も行われていました。

梅の木には品種名を書いた板が吊るされていました。

公園内の梅の木には品種を書いた札がぶら下げられています。字が小さくて読みにくかったのですが、その品種にまつわる話を印刷した案内が設置されている木もありました。

のんびり花を見て回るのもいいですが、案内を読むと「へー」と思えて何だか得した気がします。

薄紅の梅の花

少し色が入った梅の花。

公園内には沢山の種類の梅が植えられていましたが、一番気に入ったのはこの少しピンクがかった梅の花です。真っ白な梅は清楚な感じで好きですが、少し色が付くことで暖かみのある感じになります。

逆に色が濃い紅梅はあまり好きではないかな。

しかし紅梅も白梅と一緒だと、途端に互いを引き立てイキイキした感じになる気がします。例えば公園外ですが、少し川沿いに登った八幡神社の脇には紅白の梅が並んで咲いていました。あまり手入れがされていないようで花がまばらですが、紅白の並んだ梅にはとても目を引くものがありました。まばらに咲くところなんて、構図が全然違うけど尾形光琳の紅梅図みたいかな。

紅梅と白梅。

梅にメジロ

メジロ。人に慣れているようで、すぐ脇を人が歩いていても全く動じない。

「梅に〇〇」で思い浮かぶ鳥はウグイスですが、実際に見かけるのはメジロです。そもそもウグイスは声だけで、これまで実際の姿は見たことがないかも。

この日も一羽のメジロがやって来ていました。

この日は梅祭りで沢山の人がすぐ近くを歩いていたのですが、このメジロは全く我関せずという感じで梅の花をつついていました。多分いつも来ていて人に慣れているのでしょう。

今回の見つけた

マンサク。

六甲山最高峰にはマンサクが生えて(植えられて)います。山頂付近の低木が伐採されたので一緒に切られていないかちょっと心配していましたが、マンサクの木はちゃんと残っていて今年も花を咲かせていました。

硬い殻を脱いだばかりのネコヤナギ。

今回初めて気がついたのですが、一軒茶屋から最高峰へ登る途中にはネコヤナギも生えていました。

ちょうど冬の間の硬い殻を脱いだところで、ネコヤナギらしいプルッとしたウサギの尻尾のような毛に覆われたかわいい芽が出ていました。この芽は触ると気持ちが良いんですよね。

絶景ポイント

六甲山最高峰は、山頂部分の低木が伐採されたので北から西側の見晴らしがとても良くなりました。

六甲山最高峰から西側(ガーデンテラス方向)の眺め。

東と南側は、登ってくる途中にある東屋のあるところからが絶景です。ただしこの日は風のない暖かい日だったのであまり遠くまでは見えませんでした。

西お多福山から奥池と大阪平野の眺め。

絶景ではありませんが、六甲山最高峰から西お多福山に向かう途中では松が伐採され、松のとても良い香りがしていました。

ルートと注意点

2017-2-26

行程
阪急芦屋川駅(8:18)→高座ノ滝(8:47-8:59)→風吹岩(9:36)→雨ケ峠(10:17)→七曲り→一軒茶屋(11:11)→六甲山最高峰(11:22)→全山縦走路と西お多福山の分岐(11:47)→西お多福山→打越峠(13:27)→八幡谷登山口(14:00)→岡本梅林公園→阪急岡本駅(14:50)
距離と時間
15.2km 約6時間半(休憩を含む)
トイレ
阪急芦屋川駅、高座ノ滝手前、六甲山最高峰。

ルート状況・注意点

  • 高座ノ滝手前のトイレは工事中で、仮設トイレが設置されていました。お堂の前にもトイレがあります。
  • 西お多福山から下山してきて、芦屋川を渡る飛び石の配置が変わっていました。そのため勇気を持ったジャンプが必要でした。
    西お多福山から下ってきた最後の住吉川の渡渉点。
  • 今回は見かけませんでしたが、イノシシが凶暴な東灘区なので注意が必要です。

費用

項目 金額 メモ
交通費 220円 神戸三宮から芦屋川
交通費 190円 岡本から神戸三宮
合計 410円  

ゴミ採集ゲーム

44点採集してペアが二組でした。

ゴミ採集ゲームの結果。大漁で44点採集できたけど、ペアが2組だけでした。

六甲山最高峰へのポピュラーなコースなため歩く人が多いからか、今回のゴミ採集ゲームは大漁でした。大漁すぎて採集袋を途中で換える必要があったほどでした。

参照と脚注

岡本梅林公園