「道具」カテゴリーアーカイブ

防水デジカメTG-4にピッタリのカメラケース

オリンパスの防水デジカメTG-4にピッタリのカメラケースはニコンの「ソフトケース CS-NH47」でした。

基本雨が降りそうな日はハイキングに行かないのですが、たまに雨に降られることもあります。雨が降られた時は写真を諦めても良いのですが、そんな時に限って写真を撮りたくなるような景色に出会う気がするのでオリンパスの防水デジカメTG-4を現在使っています。

これまではカメラを剥き出しのまま首からぶら下げて使っていました。しかし先日レンズを岩の角にぶつけそうになってヒヤッとしたので、ケースに入れて大切に扱うことにしました。

普通のケース

家電量販店に行くとカメラケースがたくさん並んでいます。ただしそれらは蓋が付いていたりジッバーで口を閉じるようになっていて、カメラを取り出すのにひと手間かかってしまうので候補から外しました1

オリンパス純正のケース

オリンパスの純正ケースは、「スポーツホルダー CSCH-123」と「ソフトカメラケース CSCH-121ソフトカメラケース CSCH-121」がありました。

スポーツホルダー CSCH-123

スポーツホルダー CSCH-123は、ケースと言ってもほとんどむき出しです。そのためケースに入れたまま撮影できます。

しかしケースを探している目的が本体の保護なので、ほとんど剥き出しでは目的と外れています。また取り出したカメラをケースに入れる時にフラップを輪に通す必要があり、その手間がめんどくさかった事もこのケースを選ばなかった理由の一つです。

ソフトカメラケース CSCH-121

ソフトカメラケース CSCH-121は、次のニコンのを見つけなければこれに決めていました。

まずカメラをただケースに押しこむだけで良いという点が気に入りました。そして穴が開いているので雨が降っていても筒状のケース内に水が溜まる(重くなる)心配がありません。

ただし素材がシリコンラバーのためかケースだけでもなかなかの重さがありました。重いと言っても87gしかないのですが、TG-4自体かなり重めなのでケースでさらに重くなることに躊躇しました2

ニコンのソフトケース CS-NH47

どうしようかなと迷いながらカメラケース売り場を見て回っていたら、このニコンの「ソフトケース CS-NH47」が目に入りました。

オリンパスの「ソフトカメラケース CSCH-121」と同じくただカメラを押しこむだけで良い筒型のケースで、筒の底がメッシュになっているので水が溜まる心配がありません。重さもオリンパスのに比べてかなり軽く感じました。後で重さを測ったら42gでした。

一番問題なのは、TG-4がこのケースに入るかということです。実際にTG-4を入れて試したところオリンパスのケースに比べると余裕はないのですが、TG-4はこのケースにピッタリと収まりました。

オリンパスTG-4をニコンのソフトケースCS-NH47に入れたところ。ここまでということはなく、ちゃんと最後まで入ります。

TG-4のオプションにシリコンジャケットがありますが、シリコンジャケットを付けると入らないかも知れません。

ちょっと改造

カメラが飛び出さないように上部に巾着状に絞れるようになっていて、そのコードが下に出ているのは変なの、と最初は思っていました。しかしカメラをケースに入れるとその巾着状の部分が引き込まれるので、コードが上に出てプラプラしているよりも良かったです。

ただしコードが長すぎたので切って最小限の長さにし、コードロックも不要なので外してしまいました。先端の玉は、細いマイナスドライバーを差し込んで爪を外すと取ることが出きます。

オリンパスTG-4とニコンのソフトケースCS-NH47

まとめ

ニコンの「ソフトケース CS-NH47」は、まさにオリンパスのTG-4にぴったりでした。

カメラをケースに入れたことでカメラが岩などにぶつかることに気を使う必要がなくなり、それでも写真を撮りたい時にはカメラに取り付けてあるストラップを引くことで簡単に引っ張り出せるのでストレスもありません。

脚注

  1. 最初から除外したのではなく、正確にはもっと便利なケースがあることが分かりその結果として除外されました。

  2. 一眼カメラに比べたらそれでもだいぶ軽いのですが、この時は二の足を踏みました。

キヤノンのキャッシュバックキャンペーン

CANONのキャッシュバックキャンペーンは、納品書の宛名が自分以外でも大丈夫でした。レシートがあれば、購入店印と日付が無くても大丈夫でした。

CANONのデジカメは、常に何かしらのキャッシュバックキャンペーンをしているような気がします。つい先日までも「リオ2016日本代表選手団応援キャンペーン1」が行われていました。こんなに頻繁にキャッシュバックキャンペーンをするのは、経済学的に良いことなのか・将来的に悪い影響が出るのか気になります。

それでも目先のキャッシュバックに釣られてEOS M3のダブルレンズキット2を購入しました。それも電子ビューファインダー付きで。フォーカスポイントは中央一点で十分と思っていましたが、フォーカスを合わせたい所にタッチするだけで良いというのは感動的な便利さだとやっと知りました。

EOS M3の長所・短所についてはまたいずれ記事にするかも知れませんが、ここではキャッシュバックキャンペーンに申し込む時に大丈夫かな?と疑問に思った点と結果をメモとして残します。

こんな状況でもキャンペーンに申し込める?

キャッシュバックキャンペーンに申し込むにあたり、不安になる点がいくつかありました。キャッシュバックキャンペーンの「よくある質問3」を読んで解決したものもあれば、キャンペーン事務局に問い合わせて解決したものもあります。

結果的には、次のような場合でもキャッシュバックキャンペーンの適応を受けることができました。

納品書の宛名が自分ではない

EOS M3レンズキットは、Amazonの通販で購入しました。この時コンビニ受け取りを選択したところ、商品に同封されていた納品書の宛名が自分ではなくコンビニの店名が記載されていました。

「よくある質問」に該当がなかったので、キャンペーン事務局に問い合わせましたが、明確に大丈夫とは答えてもらえませんでした。微妙にピント外れな「Amazonで購入して申し込んでいる方もいます」みたいな回答しか得られませんでした。Amazonで購入した物で申し込めるか?という質問ではなく、納品書の宛名が第三者でも大丈夫か?ということだったのですが…聞き方が悪かったのかな。

結局ダメ元のつもりで、そのままコンビニ名の書かれた納品書を送りました。後で考えたら、Amazonの購入履歴ページにある「領収書/購入証明書」リンクから表示される領収書(再発行)には自分の名前が入っているので、これを印刷して送れば悩む必要がなかったのかも知れません。

対象商品を別のお店でしばらく後に購入

電子ビューファインダーは結構な値段するので購入する予定はありませんでしたが、キャッシュバックキャンペーンの対象になるなら購入のチャンスだと思い直しました。ただし既にEOS M3を受け取っているので別の日に購入した物でも対象になるか?

この疑問は「よくある質問」に回答がありました。「よくある質問」の回答4を引用させてもらうと…

Q. 「EOS M3」と電子ビューファインダーEVF-DC1を別の日に購入しました。同時応募の対象になりますか?

A. はい。「EOS M3」購入期間中のご購入であれば、違うお店、違う日時の購入でも同時応募といたします。
ただし、同時に同一の封書にてお申し込みをいただく必要があります。

別の販売店で購入したものでも対象にできるということなので、この回答に背中を押されて電子ビューファインダーはヨドバシカメラの店頭で購入しました。

保証書に購入店印と日付がない

電子ビューファインダーを購入した時にうっかりしていたのですが、レシートだけもらって保証書に購入店印を押してもらうのを忘れてしまいました。またAmazonで購入したEOS M3レンズキットの保証書にも購入店印と購入日の記載がありません。

保証書に購入店印と購入日の記載が無いことは通信販売では良くあることで、「よくある質問」に回答5が用意されていました。

Q. 保証書に販売店印、購入日の記載などは必要ですか?

A. お申し込みは無効になりませんが、商品の保証が受けられなくなる可能性がございますので、販売店印、ご購入日につきましては販売店にご確認ください。

しかし私の疑問は、申込用紙にあった「保証書に販売店印、購入年月日がない場合は、販売店で発行する保証書やレシート保証書、または保証シールのコピーをキヤノン保証書のコピーと併せて貼り付けてください。」という一文です。

キャンペーンに申し込む時にレシートなどのコピーの添付が必要ですが、保証書に購入店印や購入日が記載されていない場合は、この保証書のコピーを貼るところにもレシートなどのコピーを貼る必要があるのか?ということです。

これはキャンペーン事務局に問い合わせたところ、レシートを貼る欄にレシートのコピーなどがあれば良いとの回答をいただきました。添付する保証書のコピーには自分の住所と名前を記入してあれば、購入店印と購入日は不要ということです6

申し込みから換金までの時系列

キャッシュバックキャンペーンに申し込んでから振替払出証書が届いて換金するまでの時系列は次のようになりました。

日付(2016年)  
4月4日(月) 申込書類を発送
4月21日(木) 「振替払出証書発行についてのお知らせ」が到着
5月10日(火) (振替払出証書の発行日)
5月12日(木) 振替払出証書が到着
  この間に換金
11月10日 振替払出証書の換金期限

キャッシュバックキャンペーンの申し込み書類を発送してから二週間半で「振替払出証書発行についてのお知らせ」が到着しました。

振替払出証書の発行案内。通常この通知から一週間後くらいに振替払出証書が届くということです。
振替払出証書の発行案内。通常この通知から一週間後くらいに振替払出証書が届くということです。

このお知らせには約一週間後に振替払出証書が届くと書かれていましたが、今回はゴールデンウィークの連休を挟んだためか実際に振替払出証書が届くまでに三週間かかりました。お知らせの到着から連休まで一週間とあり遅くても連休明けには届くと思っていたので、なかなか振替払出証書が届かずにやきもきしてしまいました。

振替払出証書は、普通郵便で届きます。
振替払出証書は、普通郵便で届きます。

振替払出証書には発行から6ヶ月という換金期限があるので、その間に郵便局に持って行って換金します。この期限を過ぎても再発行を受けられますが、発行日から5年を過ぎると無効になってしまいます。

本人が郵便局に行けない場合は、裏面の委任欄に代理で行ってくれる方の名前と自分の名前など必要事項を記入すれば他の方に行ってもらい換金できます。

参照と脚注

  1. ともに声援を! リオ2016オリンピック日本代表選手団応援キャンペーン

  2. キヤノン:一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ EOS M3|概要

  3. よくある質問 – リオ2016オリンピック日本代表選手団応援キャンペーン

  4. キャッシュバックキャンペーン申し込みについて よくある質問 – リオ2016オリンピック日本代表選手団応援キャンペーン

  5. 保証書について よくある質問 – リオ2016オリンピック日本代表選手団応援キャンペーン

  6. よくある質問の回答になるように、キャンペーンに申し込むときには購入店印と購入日は不要だけど、故障した時に保証を受けるときにはまた話が別だという点に注意する必要があります。保証を受けるためには、購入店印と購入日を証明できる書類を一緒に保管しておく必要があります。

ミラーレス・カメラの長所と短所、一眼レフとの比較

先日CanonのEOS M3を購入しました。この時に機種選定のため最近元気なミラーレスカメラを一眼レフカメラと比較てみました。その結果一眼レフカメラよりミラーレスカメラが人気な理由が良くわかりました。

ミラーレスカメラで一番大きな勢力は多分マイクロフォーサーズ(MFT)です。デジカメの画質はセンサーが大きい方が一般的に高画質ですが、マイクロフォーサーズの画質はより大きなセンサーサイズのAPS-Cカメラとほとんど差が無いところまで来ているそうです。少なくとも私には違いが分かりませんでした。

さらにMFT以外にもAPS-Cサイズやフルサイズのミラーレスカメラも発売されおり、もし画質がセンサーサイズだけで決まるのであれば、これらは同じセンサーサイズの一眼レフカメラと同じと考えられます。

現在の勢いとしては完全にミラーレスカメラが一眼レスカメラを凌駕しています。ユーザーの人気も、休日に家電量販店のカメラーコーナーに行ってみると一目瞭然です。

新しい機種はなんとなく慣れていたので一眼レフカメラにしようかと思っていましたが、機種を選定するにあたり自分なりにミラーレスカメラと一眼レフカメラを比較してみました。その結果ミラーレスカメラが一眼レフカメラに勝る点はあっても劣る点は無いのでないかと思えました。ミラーレスカメラが人気な理由が分かった気がします。で、新しいデジカメにはCanonのEOS M3を選定しました。

ただ一眼レフカメラもライブビュー撮影が可能なので、ファインダーを覗いての撮影にこだわらずライブビュー撮影を積極的に使うのは賢い使い方だと思い直しもしました。


せっかくなので、機種選定の時に作成した一眼レフカメラに比べてミラーレスカメラが勝る点と劣る点をここに記録しておきます。

勝る点

  • コンパクト。
    ミラー機構が無いために一眼レフカメラに比べてサイズが小さくなります。それに伴いミラーレスカメラのほうがだいぶ軽くなります1
  • 明るさやボケ具合を確認しやすい。
    これまで一旦撮影してみてから絞りや露出補正を変えていましたが、撮影前にモニター画面で確認できるのが便利です。
  • ピントを合わせやすい。
    カメラのフォーカスポイントに縛られずに自由な点にフォーカスを合わせられるようになります。またフォーカスポイントを拡大することができるので、花や虫の写真を撮るときなど微妙なピント位置合わせが必要な時にピントを合わせやすくなります2
  • ローアングルやハイアングルの撮影が楽になる。
    液晶モニターが動くので地面すれすれに咲く花の写真を撮影する時に、地面に這いつくばって撮影する必要がなくなります3

劣る点

  • モニター画面に目のピントが合わない。
    これは私に原因があるのですが、カメラを取り出して一番自然な位置に構えると、その位置ではモニター画面の表示がぼやけてしまい少しずらす必要があります。ピントが合う位置にすると、手が伸びて手ブレしやすくなります。
  • 手ブレをしやすい。
    特に肘を胴から離して少し高い位置に構えるとよりブレやすくなってしまいます。
  • 視線が異なる。
    手ブレを防ごうと胸の位置にカメラを構えると、目で探した構図とモニターに映る構造が違ってしまいます。遠景ならば気にならない差ですが、近いところの物を撮影しようとするとその差が気になります。
  • バッテーリーの持ちが悪い。
    撮影中は常にモニターを使うので、一眼レフカメラに比べると撮影できる枚数が少なくなってしまいます。
  • 使用できるレンズが少ない。
    ホント? 数に差が生まれるレンズは、非常な高価なレンズだったり一般的なユーザは使わないレンズではないでしょうか。

これらの一眼レフカメラにミラーレスが劣る点は、慣れでカバーできそうな問題であったり、私の使い方では気にする必要がないように思えます。

脚注

  1. ミラーレスカメラのほうがコンパクトとは言っても一般的にという話で、APS-Cやフルサイズのセンサーを使った機種では、カタログ上では重さに差があっても実感としてはその差を感じられ無い気がします。
    例えばEOS M3 + EF-M 22mm F2 STMは475gなのに対して、これまで使っていたEOS Kiss X4 + EF 40mm F2.8 STMは672gでした。EOS M3の方が約200g軽くなりますが、手に持った感覚ではほとんど同じ重さに感じます。確かに容積に差はありますが、一日カバンに入れて持ち歩いても軽くなった実感はありません。

  2. 花や虫の写真を撮る時に一眼レフカメラでフォーカスを合わせるのはなかなか厄介でした。その点ミラーレスカメラはフォーカスポイントを拡大できるので簡単になりました。しかし最近の一眼レフカメラはライブビュー撮影ができるので、花や昆虫などを撮影するときはファインダー撮影にこだわらずミラーレスカメラのようにライブビュー撮影を積極的に選ぶことが得策です。

  3. 地面に近い位置の花を撮影したい時に地面が濡れているのは勘弁して欲しいです。こんな時も一眼レフカメラのライブビュー撮影に切り替えるのが吉です。

ハイキングブーツのソール張り替え

モンベルのテナヤブーツをリソールした記録。まだ二年ちょっとだけど靴底がだいぶ減ってきたので、ソールを張り替えた。靴底の減り方を見ると上手に歩けていないみたい。

ハイキングブーツは使用するたびに底の部分がすり減ってきます。すり減ってくると車のタイヤと同じくスリップしやすくなり危険です。現在の靴は、モンベルのテナヤブーツという製品です。これもだいぶ靴底が減ってきてトレッドがなくなってきて、これが原因で滑ったことはありませんがなんとなく怖くなってきました。

そこで滑って怪我する前に新しい靴を買おうかとモンベルショップで靴コーナを見ていたら、テナヤブーツはソールを張り替えることができると教えてもらいました。新しいテナヤブーツは足の甲の部分と足首の部分の締め付けを別々に調整できて魅力的でしたが、現在の靴はとても気持ちよく履けているのでソールを張り替えてもらうことにしました。

買い替えまたはソールの張り替えの目安は?

靴底がどのくらいすり減ってきたら新しい靴に買い換えたりソールを交換するのでしょう? 車のタイヤならば交換時期を示すスリップサイン1というものがあるそうですが、ハイキングブーツには多分ありません。私はこのくらいでソールを張り替えました。

2015-10-14_1

購入からの期間はまだ二年数ヵ月です。時間的にはたった二年でとも思えますが、ほぼ毎週どこかに行っていたので回数が多く、こんなものなのでしょうか。

2015-10-14_2

ソールの減り方を見ると、つま先はそれほど減っていないのに踵のところは靴底のトレッドが無くなっています。山歩きの教科書には地面に対して靴底を平らに置いて歩くと書かれていますが、この減り方だと踵から着地しているみたいです。

ソールの張り替えを依頼

ソールの張替えは、近くのモンベルショップに靴を持って行って依頼しました。

  • ソールを張り替える前に見積もりを出してもらいて、その見積もり結果から張り替えるか中止するかも選択できます。もっとも張替えの費用はだいたい決まっているとの事でした。そこで連絡に時間を使うよりすぐに作業してもらいたかったので、見積もり無しでソールを張り替えてもらうことにしました。

  • 私のテナヤブーツと現在の製品ではソールが異なっています。現行のソール(トレイルグリッパー)に張り替えるか、もし在庫が残っていればの条件付きでこれまでと同じソールにするかを選択出来ました。カタログ的には現行のソールのほうがグリップ力が強いということになっていますが、これまでと同じソールでお願いしました。

ソールの張替えに必要な期間は、通常二週間位かかるとのことでした。しかし依頼した時期が悪かった。ちょうど混んでいる時期な上に9月の大型連休もあったので仕上がりまで一月もかかってしまいました。

ソールを張り替えたら本格的に使用する前に不具合がないか試しておきたいので、私のように一足しかハイキングブーツを持っていない場合は張替えを依頼する時期を良く考えてのほうが良さそうです。

でも春と秋はハイキングのベストシーズンですし、夏は夏山に行きたいし、冬は雪が降ったら山を歩いてみたくなるで、一体いつが靴底を張り替えるベストシーズンなんだ?

ソールの張替え完了

ソールの張替えを依頼してから約一月してやっと張替えが終わって靴がお店に届いたとの連絡をもらいました。

その結果がこれです。当たり前ですが新品の角が尖ったソールになりました。ソールの張替えでは、ソールだけでなくつま先と踵の黒い部分も張替えになったようです。

2015-10-14_3
2015-10-14_4

張替えにかかった料金は、7020円(消費税込み)でした。もちろんこの値段分に応じたモンベルポイントが付きます。

これでもう二年はこの靴でハイキングに行けます。

参照