「読書メモ」カテゴリーアーカイブ

テツに学ぶ楽しい鉄道旅入門

テツに学ぶ楽しい鉄道旅入門 (ISBN: 978-4591149973)

タイトルは「鉄道旅」入門となっていますが、旅の入門書ではなく「鉄」の入門書です。

「鉄」とは、鉄道を愛してやまない人たちの愛称です。「鉄」と聞いて一番わかり易いのは、駅のホームで写真を撮っている人たち「撮り鉄」です。この本では、そのような分かりやすい「撮り鉄」から始まって、多少の誇張を含めて彼ら「鉄」が鉄道をどのように楽しんでいるかを紹介しています。

その楽しみ方は、電車に乗るのが楽しい「乗り鉄」やコレクションする「収集鉄」など鉄道という共通の対象でありながら非常に多岐にわたっていることに驚かされました。ただ楽しみ方とは言っても全ての路線を乗りつくしたり全ての入場券を集めるなど、楽しみを超えて修行のように完全を目指すのが全ての「鉄」に共通する習性のようです。

ただ完全を目指す結果なのか、同じ鉄道の趣味であっても一つのジャンルには造詣が深くても別のジャンルにはほとんど興味を示さないようです。そのためか鉄道と言っても日本の鉄道限定であったり、実際の鉄道を保存しようというグループのような団体結成は稀で、狭く深い世界になっているようです。この本の中でも筆者は、もう少しコミュニケーションを取り受け身の趣味ではなく何かを作り出すというように発想の転換を「鉄」に望んでいます。

その第一歩として、この深い知識を適度な距離感で自慢してもらえると、美術館や動物園などで解説を聞くとより楽しめるように一緒に旅行している普通の友達や家族は電車の旅をより楽しめるようになること間違い無しだと思います。

カメラをつれて山歩へ行こう!

カメラをつれて山歩へ行こう! (ISBN: 978-4774151007)

山の写真と聞いて私が浮かべる絵は、岩と雪の世界や陰影によって表される山の険しさや荘厳さです。そのような写真を見ると、山ってかっこいい、登るならやっぱり岩山か雪山だなと思います。先日京都市立美術館で見た山岳写真展がまさにそのような写真がほとんどで、モネ展に劣らずじっくりと見てしまいました。

しかし私が写真に撮りたいのは、山を歩いている途中で見つけた「きれい!」や「おもしろい」と思った風景です。それに歩くほうが写真よりも優先なので、じっくりシャッターチャンスを待って決定的な瞬間をものにするような撮り方とは相性がよくありません。スナップ写真のような感じで次々と目に入ったものを撮影するほうが合っているように思います。

写真は、風景やポートレイトとジャンルに分かれており、山の写真は大きく分けて風景写真に分類されます。私が撮りたいのは風景だけでなく人物も含まれるので、旅写真(travel photo)に分類されると思います。山雑誌で言うと、Hutte1やランドネに載っているような写真でしょうか。

そこで山寄りの旅写真を撮る人向けのガイド本がないかと思って本屋さんの写真コーナーを見ていた時に見つけたのが、「カメラをつれて山歩へ行こう!」です。山歩きからだと思いますが、「山歩」(さんぽ)という呼び方がゆるい感じで良いですね。

初心者向けで、人物や風景、動植物と対象毎の撮影するときのコツや注意点が浅くはありますが一通りカバーされていす。ただ写真の初心者向けとは言っても、絞りとシャッター速度の関係がどうとかいう話は一切無しで、もっと実践的に単刀直入に分かりやすく説明してあります。

それと山で良く見かける花や鳥の簡素な図鑑があるのは、山の初心者には嬉しいかと思います。載っている花や鳥の数は非常に少ないのですが、よく見かける花や鳥でまず最初に覚えるにはこのくらいの数の方が良いと思います。

関連書

  • 山と写真(ISBN: 978-4408453880)
  • 山岳写真術(ISBN: 978-4777919819)
  1. 雑誌Hutteは、最近見かけませんが休刊になったのでしょうか?

99.9%は仮説

99.9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (ISBN: 978-4-334-03341-5)

毎日〇〇の仕組みが解明されたとか、新しく□□が発見されたという記事が発表されますが、それら全ては99.9%どころか科学的には100%「仮説」であるということに驚きました。それだけでなく、現在多くの科学者が「正しい」と考えていることすら仮説の一つに過ぎないということです。

絶対に正しい「真理」と呼べるのは、数学の定理のみです。科学は、多くの科学者が間違いなくこうだと考えていても、より精密な実験や観測を行うと否定するデータ(反証)が見つかり説が覆される可能性を常に秘めています。逆に言うと、この反証で仮説が覆るのが「科学」ということです。

ただ仮説だとは言ってもその信ぴょう性は様々です。この本では、それを多くの科学者が正しいと考える「白い仮説」から、相当疑わしいまたは間違いだと考えている「黒い仮説」まで信ぴょう性を明るさで表現しています。

ここで面白いのは、相当疑わしいまたは間違いとされた説が葬られるのではなく、「黒い仮説」として残ることです。そしてアインシュタインの宇宙定数のように一度は間違いとされた「黒い仮説」が後に「白い仮説」になる事があるということです。

発見や解明されたというニュースに接すると、なんとなくそれは正しいと思ってしまいがちですが、それが白から黒のどの辺りにくる仮説かを考えて受け取る必要がありそうです。

科学の発見や説を疑うことは比較的簡単そうですが、普段の生活も全て仮説の上に成り立っていると意識することは難しそうです。しかしこの仮説(常識)を疑えるようになることが、頭を柔らかくし、それにより世界の見え方や感じ方を大きく変える鍵だということです。

普段接する政治や経済、さらに芸能ニュースであっても、なんとなく読んで「そうか」と思うのでなく前提としている常識は何か?と考えてみると、大して深くはないでしょうけど今までよりもニュースが面白く感じられるようになった気がします。

関連書

  • この世の常識は「仮説」だらけ! なぜ人は「ニセモノ科学」にダマされるのか!?(ISBN: 978-4863892811)

化石の分子生物学

化石の分子生物学——生命進化の謎を解く(ISBN: 978-4-06-288166-1)

タイトルは分子生物学となっていますが、前半ではDNAを抽出する話が主で、後半では分子進化の話が中心となっています。

化石からDNAを抽出というと、やはり避けられないのは映画「ジュラシックパーク」です。この映画の鍵は、琥珀に閉じ込められた蚊から恐竜のDNAを抽出して、それを元に恐竜を復元することです。この「化石の分子生物学」でも恐竜が繁栄していた時代よりは新しい時代のものではありますが琥珀に閉じ込められた昆虫からDNAを抽出する話が取り上げられています。さらに映画のように恐竜の血を吸った昆虫からDNAを抽出するのではなく、直接恐竜の化石から直接DNAが抽出されたという話も書かれています。しかし本当でしょうか?

この本は構成が巧みで、DNAを抽出する方法や塩基配列を決める方法を簡単に紹介しながら、100年位前の剥製からスタートして段々と古いサンプルの解析へと進めていきます。どんどんと時代を遡って古いサンプルからDNAを抽出できるようになる過程は爽快です。

断片的ではあるが恐竜の化石からDNAを抽出でき、DNAが不安定な分子だと思っていた認識を改める必要があるかと思い始めました。しかしここで急転直下、この恐竜のと思われたDNAは、超高感度なPCRを使ったためのエラーらしいということが明らかになります。そこでより新しい時代の結果を検証するとそれらの結果も怪しくなり、まるで歌詞の「三歩進んで二歩下がる」です。化石からはDNAを抽出するのは、不可能と決まったわけではありませんが非常に困難なようです。

化石からDNAを抽出して分子進化を探ることが難しい事が明らかになったので、後半ではその他の方法を紹介しています。

まず一般に見落とされているダーウィンの進化論の前提条件や分子進化の中立説についてわかりやく例を交えて説明していています。これを元に現在の生物のDNAから古代生物が持っていただろう遺伝子を推測する部分など、前半のような直接的な証拠が無く常に「ホントかな?」という一歩引いた感想を持ってしまいました。

関連書

  • マンモスのつくりかた: 絶滅生物がクローンでよみがえる(ISBN: 978-4480860835)
  • ネアンデルタール人は私たちと交配した(ISBN: 978-4163902043)